IFTTTは、IntuiFace、Atmoph、Hubitat、Yalp、Trygve、Turn Touchのチャンネルを追加

0
90

多くのオンラインサービスとスマートデバイスを接続するためのサービスであるIFTTTは、新しいチャネルサポートの追加を続けています。今日、6つの新しいサービスが追加されました。この追加により、以下のサービスで、IFTTTでサインインしてトリガーやアクションとしてオートメーションを構築することができます。



IFTTTは、IntuiFace、Atmoph、Hubitat、Yalp、Trygve、Turn Touchのチャンネルを追加

IntuiFaceは、コードを書かずにインタラクティブなデジタル体験ができるプラットフォームです。このチャンネルでは、声でコントロールしたり、メールやカレンダーの自動作成をしたり、Google PhotosやiOSの写真をIntuiFaceに統合することができます。

Atmophは、インタラクティブなアニメーションを備えたデジタル絵画のようなディスプレイです。 IFTTTは、ディスプレイのオン/オフ、シーンの変更、天気/時計/カレンダーの表示を自動化します。

Hubitatは、ZigBeeとZ-Waveとクラウド接続されたデバイスをサポートするローカルホームオートメーションハブです。このチャンネルでは、Hubitatのセンサートリガ(開閉、開閉、動き、存在、温度、水)を使用して、デバイスのモード変更や動作を実行できます。

Turn Touchは、スマートデバイスとMacを制御する4ボタンの木製の物理リモコンです。このチャンネルは、他のIFTTTサービスやアクションのためにTurntouchを物理的なボタンにします。

Yalpは、音楽コードアプリです。このチャンネルを使用すると、YouTubeの動画を分析して自動的に和音に変換することができます。

Trygveは、コミュニティを念頭に構築されたセキュリティシステムです。このチャンネルでは、他のサービスからのトリガに基づいてTrygveでアラームをキャンセルまたはトリガすることができます。