PlayStation 5は、2020年までにリリースされる可能性は低い?

0
121

ソニーのPlayStation 4の初回発売日から、早5年が経ち、徐々に後継機であるPlayStation 5の噂が立ち始めています。プレイステーション4 ProとXbox One Xは、アップグレードで減速傾向にあり、ソニーが既にPlayStation 5に取り組んでいることをしめしていると言われています。今回は、PlayStation 5の噂をまとめてみました。



PlayStation 5 のスペック

あるレポートによると、PlayStation 5はカスタム8コアZen CPUと、AMDの今後のNaviアーキテクチャに基づくGPUを搭載しているといいます。

SemiAccurateのCharlie Demerjian氏は、すでに流通しているPS5 devkitsに関する具体的な詳細情報を持っているといいます。 Demerjian氏によると、PS5はもちろん、カスタマイズされたAMDの今後のNaviアーキテクチャ(Hey!Listen!)に基づいて、8コアのZen CPUとGPUを搭載していると言います。

Naviアーキテクチャは2018年後半から2019年にかけて、数年後に登場する可能性があることがわかっていますが、その機能について詳細は、まだわかりません。 Demerjian氏は正確なコンソールスペックをリークしてきた経歴があり、彼の噂は信憑性が高いかもしれません。

一方、KotakuのJason Schreier氏は、ソニーの計画を知っている人物に話を聞いたが、彼らはPlayStation 5 の噂を一掃した。 Schreier氏の報告によると、PlayStation 5 のdevkitsで、これらの噂の仕様が存在していたとしても、開発者はまだそれらを知り得るすべがないと言います。

改善されたVRサポート

Demerjian氏の報告書によれば、PlayStation 5 はバーチャルリアリティのサポートを念頭に置いて構築されているといいます。 PSVR(または、一般的にはVR)は、多くのアナリストが2016年頃に予測したように、まだ世界を揺すツールに至っていませんが、ソニーのヘッドセットはこれまでコンシューマー業界ではさきがけ的な存在でした。ソニーのヘッドセットは、今のところ、最も簡単に手に入れやすい、ハイエンドの消費者向けVRです。

PS4 Proは、PSVRをより良くサポートするためにベースコンソールの仕様を使っていましたが、コンソールのコア機能としてVRを最初から導入し、間違いなく開発の可能性を広げました。

ゲームに関する情報

ソニーのコンソールに関する公式発表はなく、開発者はPlayStation 5の開発キットはまだない状態ですが、いくつかの開発会社のコメントが、進もうとする方向のヒントと解釈を得ることができます。

ノルウェーのベルゲンで開催されたカンファレンスでは、CD Projekt Red(Witcherシリーズ)のスタジオヘッドがPlayStation 5に登場させるであろう「Cyber​​punk 2077」(上の写真)を発表しました。

このカンファレンスでは、スタジオヘッドが、現世代のコンソールと次世代コンソールの両方で同時にゲームを開発しているとコメントしており、そのうちの1つは、PlayStation 5であるとコメントしています。

グランツーリスモスポーツのクリエイターは、PlayStation 5にむけ、すでに着手しえいいるとのコメントを発表しています。

いつリリースされるか?

Demerjian氏は、devkitコンソールはすでに出始めているため、PlayStation 5は2018年から2019年の間に発表、リリースされる可能性があるとの見解を示した。Macquarie Capitalのアナリスト、Damien Thong氏は、以前に、PlayStationの新しいバージョンが2018年に発売される予定だとコメントしていましたが、現時点ではソニーが2018年にPlayStationの新しいバージョンを発売する可能性は低く、2019年または2020年の発売が考えらレテいます。