ライトL16カメラ、16個の異なるカメラレンズを持つスマートフォン向け拡張カメラ

0
62

ライトL16カメラは、驚異のエンジニアリング技術から実現したカメラモジュールです。それは16個の異なるイメージングカメラモジュールを1枚のガラスの後ろに整列させ、それらをうまく組み合わせて使用し、個々のカメラよりも、カメラを複数組み合わせることで、単体のカメラよりも大きくて見栄えのよいイメージを作成できます。



ライトL16カメラ、16個の異なるカメラレンズ

iPad miniの2〜3倍の厚さの形状で、ポケットに収まり、バッグに収納するのも簡単です。このライトL16カメラは、一体のカメラギアのフルバッグになっています。

ライトL16カメラの使用感はすばらしく。 5インチのタッチスクリーンで親指をこすって、28mmの広角から150mmの望遠まで切り替えができ、すばやくズームすることができます。

ライトL16カメラにも厄介な部分があります。撮影すると、スマートフォンの画像とミラーレスまたはDSLRカメラで撮影したものとの間のような写真になり、奇妙な品質の縁があります。カメラは、ゆっくりとした瞑想的な写真だとうまく処理しますが、より激しい動きのあるシーンを撮影するときには問題が発生します。フル解像度の画像を処理するのに必要なデスクトップ編集ソフトウェアは、L16の写真をiPhoneから転送することが必要で、かなり遅くなります。

L16のめちゃくちゃカメラアレイがどのように機能するのか把握できない場合は、iPhoneやノートのようなデュアルレンズの携帯電話がカメラアプリで広角から望遠へどのように拡大するのかを知っていますか?これは極端に伸びたものです。 16個のカメラモジュールにはそれぞれ独自のイメージセンサーとレンズがあり、異なる焦点距離をカバーします。 5つの28mm広角モジュール、5つのミッドレンジ70mm、6つの150mm望遠ズームモジュールがあります。

ライトL16カメラと、一般のカメラとの大きな違いは、複数のカメラモジュールからのデータを組み合わせることで、28mm、70mm、150mmのすべての焦点距離をシミュレートすることが可能になり、28mmの画像を40mmで撮影したようにデジタルで拡大するのではなく、別々の画像をつなぎ合わせて焦点距離を再現することができます。これは、L16の画像の画質がスマートフォンカメラの画質よりも優れている理由の一つです。