Apple Watchベータ版に、古いアプリの警告が出現!watchOS 5はサポート中止?

0
191

最新のwatchOS beta 4.3.1では、オリジナルのwatchOS 1 WatchKitアプリケーションを起動するときに新しい警告が発生し、watchOS 5ではそのようなアプリが完全に削除される可能性があることを暗示しています。



古いアプリ警告!watchOS 5はサポート中止?

iOS 11.4、tvOS 11.4、およびmacOS 10.13.5のベータ版がリリースされたとき、watchOS 4.4のベータ版ではなく、watchOS 4.3.1のベータ版で、ほかのOSより一世代古いバージョンが振られています。 Apple Watchソフトウェアプラットフォームのマイナーリリースとなっていました。

しかし、この最新のベータには、watchOSの将来のバージョンで信頼性を向上させるためにWatchKit(watchOS 1)アプリを更新する必要があるという警告が含まれていることが判明しました。

watchOS 1にダウングレードすると、アプリはかなり遅くなり、iPhoneからのBluetooth接続だけに依存していて通信も遅くなります。

watchOS 1アプリのサポートを落とすことは、必ずしも悪いことではありません。アプリはだいぶiPhoneに依存していました。iPhoneなしで外出すると、アプリは完全に起動せず、続行するにはiPhoneに接続する必要がある警告が頻繁に出ます。これは、Apple Watch Series 3がLTEのサポートを追加したことで大きな意味を持ちます。これは、ウォッチに機能を保持する事ができ、機能がiPhoneに依存しなくなるからです。

さらに、Appleは、昨年11月に発表していたように、先週WatchOS 1アプリのアップデートを受け入れなくなりました。

しかし、多くの開発者は、Apple Watch ユーザーベースが小さすぎ、または開発コストが高すぎると指摘しており、Apple Watchの互換性全体を断つ傾向があります。その最近の例はInstagramです。これは、Apple Watchが最終的に独立したデバイスになる可能性があるため、残念なことです。