Project Sistineは、$ 1程度で、Macにタッチスクリーン機能を追加可能に!

0
68

AppleはタッチスクリーンMacのアイデアに長い間抵抗してきたが、ある開発者グループのあみだしたソリューションを使うと、既存のMacにタッチスクリーン機能を追加する事ができます。このプロジェクトは「Project Sistine」と呼ばれ、$ 1程度のハードウェアで実現する事を可能にしています。

Anish Athalye、Kevin Kwok、Guillermo Webster、Logan Engstromによって開発されたこのソリューションには、小型ミラー、剛性紙プレート、ドアヒンジ、ホットグルーが必要です。これらの部品からほんの数分で組み立てられ、Macの上のカメラの近くに設置します。



Macにタッチスクリーン機能を追加可能

仕組みは非常にシンプルで、ウェブカメラの前に小さな鏡を追加し、カメラが見下ろすにして、指がディスプレイに触れたことを検知できるようにします。

基本原則は簡単です。ある角度から見たサーフェスには光沢があり、指がそれ自身の反射に触れているかどうかをチェックすることによってサーフェスに触れているかどうかを知ることができます。

私たちのアイデアは、MacBookに内蔵されているウェブカメラの前に小さなミラーを装備して、ウェブカメラがコンピュータ画面を鋭角に見下ろすようにすることでした。カメラは指が画面の上を触れたりタッチしたりするのを見ることができ、コンピュータービジョンを使用してビデオフィードをタッチイベントに変換することができます。

Project Sistineは、画像処理および較正技術を使用して、指がディスプレイに触れたり移動したりすることを追跡し、画面上のやりとりに変換します。

現在、Project Sistineチームは、このツールがマウスイベントにマウスを乗せて触れることで、既存のアプリをすべてタッチ対応にしていると言います。さらに、高解像度のウェブカメラや湾曲したモニターなどの基本的な変更によって、ツールをさらに改善し、「実用的な低コストのタッチスクリーンシステム」に変えることができると述べています。

Anish Athalyeのウェブサイトの多くの情報がここにあります。