Android Oreoは公開8ヶ月後でも、Android端末内でたった4.6%の割合

0
81


Android OreoはどのOSバージョンと比べても最大の評価を受けていますが、2017年8月21日にリリースされてもまだ5%のシェアしかありません。

2月と比較して、Android Oreo 8.0のシェアは3.3%から上昇して4.1%となったが、Android Oreo 8.1は0.2ポイントジャンプしてもまだわずか0.5%のシェアにとどまっています。 Android Oreoは、合計で4.6%になり、サムスンのギャラクシーS8とギャラクシーノート8のAndroid Oreoアップグレートによって支えられている状態です。

Android Oreoのシェアは4.6%

Android 8.0は、米国のHTC 10、Moto Z2 Force、LG V30にも登場しました。Essential PhoneとRazer Phoneも8.1 Oreoにアップグレートされています。

一方、Android 7.0は0.7ポイント上昇して23%となり、7.1ポイントで1.6ポイント上昇して7.8%となりました。Android 7.0の合計は30.8%となり、Androidで最も普及したバージョンとして引き続き使用されています。

Marshmallowは、Lollipop 5.0と5.1のマージンが22.9%で、2.1%ポイント低下し、26.0%となった。 KitKatは10.5%、Jelly Beanは4.5%に下がった。一方、Ice Cream Sandwichは0.4%、Gingerbreadは0.3%となっている。

これらの数字は、4月16日に、7日間の期間中 Google PlayストアにアクセスしたAndroid搭載端末から集められた集計データです。