Final Cut Pro 10.4.1がリリース!クローズドキャプションツールセットとProRes RAW機能追加

0
254

Appleは、Final Cut Pro Xでメジャーアップデートをリリースしました。 Final Cut Pro Xのバージョン10.4.1では、クローズドキャプションとProRes RAWサポートの2つの新しい主要機能が追加されています。

Final Cut Pro Xを所有しているユーザーは、Mac App Storeから無料で10.4.1をダウンロードできます。



Final Cut Pro 10.4.1がリリース

新しいキャプションツールセットは、アクセス可能なコンテンツを作成、編集を可能にする強力なツールです。新しいインデックスビューアとインスペクタツールは、クローズドキャプションの作成と維持を容易にする、使い慣れたワークフローを提供します。また、既存のキャプションファイルをプロジェクトにインポートすることもできます。

ProRes RAWは、膨大なファイルサイズになる、圧縮されていないRAWとは異なり、管理可能なファイルサイズを保証し、RAWビデオに関連する柔軟な編集を可能にします。 Final Cut Proで、最近更新された色補正ツールセット+ ProRes RAWを使用すると、ユーザーは投稿時の好みに合わせてモーション映像をより詳細に制御できます。

Canon C300、Panasonic EVA1などのProRes RAWカメラを使用できるミッドレンジカメラが数多くあり、これらはAtomos Shogun InfernoまたはAtomos Sumo19などの外部ProRes RAWレコーダーと組み合わせる必要があります。

DJIはまた、来春のInspire 2ドローンで、ProRes RAW録画サポートを内蔵したZenmuse X7カメラを搭載すると噂されています。