PayPalは、デビットカード、預金&ローンを提供できるバーチャル銀行に転身?

0
180


PayPalは、米国の顧客に、デビットカード、小切手の預け入れ、ローンの引き出しなど、基本的な銀行業務を提供開始しました。同意した顧客のPayPal残高は、Federal Deposit Insurance Corp(FDIC)保険によって保護されます。

驚いたことに、PayPalは米国の銀行業務免許証なしでこれを行う方法を見つけています!



PayPalは、バーチャル銀行に転身

WSJよると、PayPalブランドの裏では、ライセンスを持つ多数の銀行と提携していると報告しています。

FDICは、非銀行に保管されている資金を保証することはできません。また、VisaとMasterCardは、ネットワーク上で稼働するカードは、銀行のみが発行できるようにしています。

PayPal社は、小規模な銀行と提携ることでこれらを実現しています。デラウエアの銀行とは、デットカードを発行する契約を締結した。また、デビットカードは、ユーザーが小切手をカメラで撮影し、小切手を預けいれ出来るジョージアの銀行、ユタ州の銀行とも提携しています。

毎月の銀行手数料はありませんが、一部のサービスでは料金が発生します。

ユーザーはスマートフォンで写真を撮ることで入金した小切手の手数料1%に加えて、PayPalのネットワークでないATMからお金を引き出す際に手数料を支払う必要があります。