InstagramとSnapchatは、人種差別に関わるGIFイメージが投稿されたため、Giphyステッカー機能を停止?

0
413

TechCrunchによると、InstagramとSnapchatは、ユーザーが人種差別にあたるGIFイメージをストーリー投稿に追加できてしまうことを発見したため、それぞれGiphyステッカー機能を停止したと報告しています。



InstagramとSnapchatは、Giphyステッカー機能を停止?

InstagramとSnapchatは、今年初めにGiphyのストーリー機能を統合し、ライブラリーのGIFをストーリーに追加することができるようになりました。 TwitterユーザーのLyauna Augmonは、投稿された攻撃的な画像のスクリーンショットを掲載し、Instagram創設者のKevin Systromをタグ付けして、Giphyステッカー機能を取り下げるよう要求した。 その問題のGIFイメージは、 "Crime"という言葉を検索したときに、見つかったと述べています。

Giphyは、ユーザーがサイトにコンテンツを投稿することを許可する際、利用規約に、猥褻、猥褻、不快、または下品なコンテンツを投稿することはできないと記載があります。Giphyのスポークスマンは、声明の中で、問題のGIFが発見された後、削除したと語りました。 この事件を調査した後、このステッカーは、GIFステッカーのコンテンツ調整フィルター機能の不具合により表示されてしまったと述べています。問題発覚後、バグを修正し、ライブラリのGIFステッカーすべてが修正されたと述べています。

TechCrunchの声明では、SnapchatはGIFを削除し、Giphyとの統合を一時的に停止したと述べている。InstagramもGiphyを停止したとのべているが、Giphyのチームの見解を待っているようだ。