Appleは、Apple Watchの心拍測定技術で、特許侵害で告訴される

0
135

Axiosの新しいレポートによると、Appleはミシガン州のOmni MedSciからApple Watchの技術について、特許侵害で告訴をうけているといいます。Apple社は、「近赤外および中赤外線ブロードバンドレーザー」に焦点を当てた技術を使っていますが、この技術で、Apple Watchの心拍技術が特許を侵害していると主張されています。

Omni MedSciは、2014年から2016年の間にAppleと競合の話があり、Appleは最終的にこのパートナーシップについて交渉をやめたと述べている。その後、AppleはOmni MedSciが保有する特許を侵害した技術を導入していると主張を受けています。



Appleは、Apple Watchの心拍測定技術で、特許侵害で告訴

この訴訟は、金曜日、テキサス東部地区で提起されました。 Omni MedSciは、Appleが3つの特許を故意に侵害し、Apple社に対する差し止め請求や損害賠償を求めていると主張している。テキサス州東部地方裁判所は、特許保有側に優しい裁判所で知られており、いくつかの特許侵害訴訟が認められている。

AppleはOmni MedSciの特許侵害告訴に対し、まだコメントしていないが、裁判が始まる前は、何もコメントはでない可能性が高い。