汚れたAirPodと、AirPodケースを掃除してきれいにする方法

0
82

AirPodは、Appleが誇る素晴らしい画期的なイヤホンですが。しかし、その一方で、AirPodは、汚れ、ざらつき、耳あかなどがたまりやすい形状になっています。また、

AirPodに汚れがついた状態で、AirPodケースに収納すると、ケースに汚れがたまり、AirPodをきれいに掃除しても、AirPodケースに入れた後に、汚れてしまうこともあるためで、ケースもきれいに掃除した方がよいでしょう。

今回は、AirPodの汚れと、ケースの汚れを綺麗にする方法をご紹介します。



汚れたAirPodと、AirPodケースを掃除してきれいにする方法

AirPodの主要部分は白いため、汚れが目立ち、イヤホンの外側を拭き取ることに集中して、黒のスピーカーグリルをチェックするのを忘れてしまうことがあります。このAirPodのスピーカーグリルを定期的に掃除したいのであれば、下記の方法がに役に立ちます。

準備

普通の綿棒とマイクロファイバー仕様の布を用意します。

汚れたAirPodの掃除手順

  1. 綿棒とマイクロファイバー布をつかむ
  2. 綿棒の綿の一部を端から取り除いて、綿棒の先を少し出します
  3. この綿棒の先をつかって、スピーカーグリルから汚れと、耳あかをこすり出します。
  4. AirPodの汚れと、耳あかが浮き上がったところを、マイクロファイバー布で拭き取っていきます

ケースの掃除手順

液体を使用せずにAirPodケースを掃除することをお勧めします

AirPodケースを綺麗にするコツは、柔らかく糸くずの出ない布で定期的にケースを仲間で拭いて清掃することです。開口部に湿気を与えたり、エアロゾルスプレー、溶剤、研磨剤を使用すると、AirPodケースやAirPod自体の故障の原因になります。

マイクロファイバー布をの先を少し丸めて、細長くし、AirPodケースの格納用のくぼみにいれて、やさしく汚れを落とします。

これで、多くの汚れ、ざらつき、耳あかなどは取れるはずですので、こまっているかたはぜひ試して見てください。