Dropboxは、ビジネスユーザー向けにSmart Syncをリリース、選択での同期は可能に

0
279

Dropboxは、スマートシンクやチーム向け、選択可能な​​同期機能など、ビジネスユーザーにいくつかの拡張機能を提供開始しました。

Dropboxは2月末に一般公開される予定で、ビジネスユーザーに、管理者向けの機能と管理機能を提供している。同社は、プレスリリースで最新のアップデートを詳述しました。



ビジネスユーザー向けにSmart Syncをリリース

DropboxのSmart Sync機能では、ビジネスユーザが、自分のDropboxファイル(ローカルまたはクラウドに保存されている)をデスクトップに表示することができます。また、ユーザーはファイルをすばやくダウンロードしたり、クラウド上に保存したりすることができます。

Smart Syncを使用すると、チームメンバーはすべての作業を簡単に行うことができます。クラウドに保存されているファイルにアクセスする必要がある場合、クイック、ダブルクリックするとそのファイルがコンピュータにダウンロードされ、開かれます。

また、右クリックして「オンラインのみ」を選択すると、貴重なハードドライブの空き容量を簡単に元に戻すことができます。さらに、管理者はデフォルトでチームメンバーのハードドライブに新しいコンテンツを保存するかどうかを選択できます。

当初、このスマートシンクはDropbox ProfessionalとBusiness Teamユーザーだけが利用できました。

一方、Dropboxの早期アクセスプログラムに登録されたチーム管理者は、チーム選択同期のアップデートを利用できます。これにより、管理者はチームのデフォルト同期フォルダを選択できます。

Dropboxデスクトップアプリケーションがインストール後に同期する必要があるデータ量を制限することにより、ユーザーはより迅速に作業することができます。

管理者は、各ユーザの選択的な同期設定を一度に1つずつ管理するのではなく、チーム全体の設定を行うことで時間を節約できます。

DropboxはApp Storeから無料でダウンロードできます。