FestoのBionic Flying Foxは、7フィート以上の翼をオオコウモリ型ドローン

0
169

FestoのBionic Flying Foxは、7フィート以上の翼幅を持ち、全長は約3フィート、重さは580グラムのドローンです。この半自律的に飛行できるオオコウモリ型ドローンは、ドイツのオートメーション会社のエンジニアによって開発されたバイオインスピレーションドローンです。



バイオ・インスピレーションを受けたオオコウモリ型ドローン

フルーツ・バットとも呼ばれるオオコウモリは、効率的で機敏な飛行生物です。彼らは弾力性のある膜を持っています。指先から足元にかけてあるこの膜は、素早く飛行できる能力に役に立っています。これらの特性は、このドローンにも生かされています。このアイデアは、オートメーション会社、Festoのドイツ人エンジニアのグループが採用し、バイオインスピレーションドローンを開発しました。


FestoのFlying Foxは7フィート以上の翼幅を持ち、長さは約3フィートです。ドローンは580グラム以上の重量があり、非常に巧妙な工学を特徴としています。比較になりますが、実際のオオコウモリは6フィートまでの翼幅を持っています。

FestoのBionic Flying Foxは、45,000ポイントでつながっているニットエラスタン生地で作られた膜を持ち、軽量のハニカム構造になっています。この膜が軽微な損傷を受けても、ドローンは飛行をつづけることができます。ドローンは赤外線カメラと機械学習を使用しており、意思決定と定義された空域で半自律的に飛行するために、モーショントラッキングシステムに継続的に接続されています。離陸と着陸だけ、人によって行う必要がありますが、飛行中はオートパイロットが引き継ぎます。