Appleは、ビジネス管理プラットフォームを提供へ!、今春に開始

0
105

Appleは、今週のiPadの立ち上げと教育の発表以降、iOS、macOS、tvOSデバイスを導入して管理する新しいWebベースのビジネス管理プラットフォームを静かに発表しています。



Appleのビジネス管理プラットフォーム

管理者が、デバイス設定を管理、アカウントを作成、アプリや書籍を購入して配布することを可能にするWebベースのポータルで、Business Managerは現在ベータ版となっているが、Appleは新しいプラットフォームを春後半に本格的に開始する予定だ。

既存のMass Device Deployment(MDM)がフレームワーク上に構築されているように、この新しいサービスは、Device Enrollment Program(DEP)およびVolume Purchase Program(VPP)で既に見られている機能を統合しています。アカウントを作成してデバイスを管理する機能は、2016年に登場したApple School Managerと非常によく似ています。

過去数年間、Appleは既存のDEPおよびVPPビジネス管理プログラムの利用をゆっくりと広げていました。 Webベースのポータルでは、これらのツールをサードパーティの製品から高速化する事ができます。

アップルは、先週発表された追加の教育管理機能を使って、ビジネスと教育の分野の構築に集中してきています。 Appleは、iOS 7.1を使用してiOSデバイス用のMDMを提供し始めました。

アップルのエンタープライズの足場を広げるもう一つの動きは、IBMとMobileFirstのイニシアチブとのパートナーシップの拡大です。 Appleは最近、AppleのコアXMLとIBMのWatsonを通じて、新しい機械学習の統合をプロジェクトに追加しました。

エンタープライズ向けのAppleの社内MDMソリューションは、JAMFのようなサードパーティーのソリューションをリードするために、しばらくの間改善が必要でした。 900万台以上のAppleデバイスを管理しているJAMFは、昨年Appleがエンタープライズ市場に進出するにつれ、過去最高の成長を達成しました。

ビジネス管理者は、今週公開されたサポート文書(PDFリンク)でAppleの新しいBusiness Managementプラットフォームについて学ぶことができます。ビジネスマネージャを試用しようとしているAppleのDEPおよびVPPプログラムユーザーは、会社に連絡してアカウントのアップグレードをリクエストできます。