AirDropをMacOSのDockに追加して、AirDropを素早く開ける方法

0
98

AirDropは、MacOSとiOSデバイス間でファイルを転送する最も簡単で簡単な方法の1つですが、このAirDropをMacのドックに追加し、すぐにAirDropで近くのiPhoneまたはiPadにファイルを送信する方法があります。

iPhoneやiPadからMacにファイルを共有したいとき、近くのデバイスにファイルを送信できるAppleアプリ、AirDropがとても役に立ちます。

送受信する両方のデバイスでBluetoothかWi-Fiがオンで、範囲内にいて、転送をブロックする設定がない場合は、写真、ビデオ、ドキュメントなどのファイルを最小限のやり取りで共有することができます。

MacOSのFinderやデスクトップのCommand-Shift-Rのキーボードショートカット、Siri、Spotlightで、AirDropにアクセスすることは可能ですが、もっと速く直に、AirDropにアクセスする方法があります。

今回は、AirDropをMacOSのDockに追加して、Dockからすぐに起動する方法をご紹介します。



方法1: AirDropをMacOSのDockに追加する方法

  1. Finderを開き、検索バーを選択、「Finder」と入力し。上部付近の検索エリアオプションで「This Mac」を選択して検索します
  2. 「Finder」アイコンを右クリックし、「パッケージ内容を表示」を選択します。

  1. Finderを構成するファイルとフォルダが表示されます。Contents のApplications を開いてして、AirDropを表示します。最後に、AirDropをDockにドラッグして追加します。

方法2: AirDropの格納されているパスから、AirDropを見つける方法

デスクトップから、メニューの[Go]を選択し、[Go to Folder]を選択します。

表示される検索ボックスに

/System/Library/CoreServices/Finder.app/Contents/Applications/

と入力し、「Go」をクリックします。

これにより、方法1のようにAirDropを含むディレクトリがFinderウィンドウが表示されます。AirDropをDockにドラッグします。

おまけ

この方法を使用すると、同じフォルダ内のiCloudドライブもDockに追加することができます。また、同じフォルダ内の他のアイテムについても同様の操作ができます。ネットワークはネットワーク上に表示されるデバイスを表示し、コンピュータはMacのドライブを表示、RecentsとAll My Filesはファイルのリストを表示します。