ヤマハは、通勤用に4つの新しいパワーアシスト自転車を発表

0
92

ヤマハは25年近く前から電動アシスト自転車を導入し、電動アシスト自転車に根ざした実績を持っています。 1993年以来、同社はeBikeドライブシステムを世界中の200万人以上のライダーに提供してきました。今日、ヤマハは25周年を祝うために、5月に、4つの新しい異なったeBikesをリリースすると発表しました。



通勤用に4つの新しいパワーアシスト自転車

ここ数年間、電動アシスト自転車は、通勤者が都市を移動するより便利な交通手段になってきました。電動自転車の新しいラインナップは、ライダーのタイプに合わせていくつかのタイプが登場してきています。

4つの新リリースのうち、2つのモデルは、通勤者用で、3つ目のバージョンは、マウンテンバイクとトレイル用に構築されています。 4つ目は、両方のカテゴリーのデザインと機能性を持ち、ハイブリッド仕様になっています。ヤハマのこのラインアップの電動アシスト自転車は、36ボルトバッテリパックとペアになった新しいPWSeries SEモーターを搭載しています。一方、マウンテンバイクは新しいPW-Xドライブシステムを装備しています。これはペダルアシストの第5レベルを追加し、同じサイズのバッテリーで補完します。

ペダルアシストのラインナップは、ヤマハのラインナップにある他の自転車と比較して、より合理的で軽量なフレームになり、フィットネス向けエントリーレベルで、CrossCoreといいます。 CrossCoreは、エアスリーブのサスペンションフォークとリアカーゴラックのほかに、フロントとバックマウントの両方のLEDライトを装備しています。価格は25万円ほどです。

一歩を踏み出して、CrossConnectは、毎日の通勤に最適化された、フル機能のeBikeです。そのフレームは快適性を最大限にするように設計されており、CrossCoreと同じ機能の多くが搭載されていますが、速度は速く、通勤距離はより長くなります。価格は30万円くらいになります。

YDX-TORCは、ヤマハの最新のオフロードeBikeとして登場し、11速ギアシステム「RockShoxフロントサスペンションフォーク」と27.5インチの耐パンク性タイヤをベースにしています。残念なことに価格は35万円以上と高価です。

CrossConnectとYDX-TORC eBikesの両方を最大限に活用して、ヤマハのUrbanRushは伝統的なロードバイクとよく似ています。 CrossConnectと同じドライブシステムを搭載していますが、トップスピードを上げ、取り扱いを改善し、すべての性能を向上させます。その価格はハイブリッドのビットでもあり、他のモデルの間で34万円程になります。

新しいeBikesはすべて今年後半に発売される予定です。 Yamahaは、最新のeBikesがどんな種類の測定基準になるか発表していないため、スピードと走行距離はまだ不明です。