Tesla Model 3は、最新のアップデートで、より便利なオートパイロットコントロールを搭載

0
154

昨年、テスラがモデル3の提供を開始したとき、まだユーザーインターフェイスは完全な状態ではありませんでした。

テスラはそれ以来、無線によるソフトウェアアップデートを行い、最新情報に更新しています。最新のアップデートでは、ステアリングホイールのスクロールボタンでより優れたコントロールが可能です。



最新のアップデートで、より便利なオートパイロットコントロール

テスラのソフトウェアチームは、昨年、モデル3に焦点を当てており、他の予定されているアップデートが遅れていましたが、やっと車両のUIインターフェイスがアップデートされています。

最近の例には、上の写真のように後部座席のコントロールが含まれています。

その最小限のインテリア操作になっており、運転者が入力を行う方法の数はかなり限られています。

ステアリングホイールには中央のタッチスクリーンディスプレイといくつかのボタンがあります。

以前のUIの問題は、ドライバーがオートパイロットの交通知性クルーズコントロールの巡航スピードと距離を調整するためにタッチスクリーンを押す必要があることでした。

モデル3のオートパイロットコントロールとモデルSおよびモデルXとの違いのビデオはこちらになります。

最新のアップデートでは、モデル3のステアリングホイールのスクロールボタンが使いやすくなっています。

巡航スピードと追従距離は、タッチスクリーンを使わなくても、ボタンを使って調節することができます。

テスラは現在、ドライバーにモデル3のサイドミラーとステアリングホイールをハンドルコントロールで調整しています。