Google Mapsベータ版が登場!iOS 12のCarPlayをサポート!

0
133

今日早く、WazeがCarPlay統合にむけベータテストを開始したと報告しました。今、Googleもまた、CarPlayインテグレーション(iOS 12で利用可能な新機能)を搭載したGoogle Mapsアプリのスクリーンショットをベータ版で公開しました。



Google Mapsベータ版が登場!iOS 12のCarPlayをサポート!

iOS 12のサードパーティ・ナビゲーションアプリは、アプリでレンダリングされた基本レイヤーを使用し、標準のCarPlayコントロールでオーバーレイされます。スクリーンショットでは、どのように動作するかを見ることができます。

スクリーンショットに示されているように、Google Mapsのアプリアイコンはサイドバーのナビゲーションスロットを利用します。これは、iOS 12がApple Mapsアプリを優先的に使用させるためです。

矢印と地図のタイルは、Googleブランドと視覚的なデザインを使用してGoogleによってレンダリングされます。明らかに、データソースはGoogleのものです。地図は、地図作成モードと衛星モードの両方を見ることができます。手動で地図をパンするためのD-Padコントロールと、音声検索を行うためのマイクボタンがあります。

アプリは、CarPlayの標準ツールバーコントロールを使用して目的地を追加したり、設定画面にアクセスしたりします。設定画面には、高速道路や通行料を避けるためのトグルなど、よく知られたグリッドレイアウトの操作を表示する全画面表示枠があります。追加先には、最近の検索、自宅や仕事などの重要な場所、ガソリンスタンドなどのPOIに関する操作が含まれます。

残念ながら、Googleマップのベータ版へのアクセスは制限されています。これらの機能を公開するためのロードマップはまだ発表されていません。ユーザーは、iOS 11を実行できるすべてのデバイスをサポートするiOS 12にデバイスをアップグレードする必要があります。次に、サードパーティマップのアプリが新しいCarPlay APIと統合されたApp Storeにアップデートをリリースするのを待つ必要があります。