WhatsAppの共同創業者が参加し、#DeleteFacebookの動きが加速?

0
168


Facebookはデータ共有の問題は現在も大炎上中で、ケンブリッジ・アナリティッティカは5,000万人ものFacebookユーザーのユーザーデータを所有していたことが発覚している。今では、その論争に応えて、多くのユーザーが#DeleteFacebookの動きに参加しています。これには、かつてソーシャルメディアの巨人から多額のペイデイを集めた人たちも含まれています



DeleteFacebookの動きが加速?

The Vergeが指摘しているように、Facebookは2014年に160億ドルという膨大な費用をかけてWhatsAppを買収し、共同設立者のJan KoumとBrain Actonを連れて来ました。 Koum氏はまだWhatsAppをリードしていますが、Actonは昨年、非営利団体の設立をやめました。

今晩のTwitterの記事で、ActonはKoum氏のツイートに#DeleteFacebookハッシュタグを含めて "その時がきた"と宣言した。 VergeはWhatsAppにActonの投稿に対するコメントを求めたが、返事はなかった。

昨年、FacebookとWhatsAppとのActonの関係について質問がありました。例えば、Koum氏はSignalに5,000万ドルを投資しました。これはWhatsAppの競合相手で、ユーザーのプライバシーと暗号化に重点を置いたサービスです。

Twitterで#DeleteFacebookを検索すると、ActonだけがFacebookのユーザーデータプラクティスにうんざりしているわけではないことがわかります。ユーザーがTwitterの「#Delete」キャンペーンで炎上したの初めてのことではありません。例えば、Uberの論争が過去にあり、#DeleteUberのキャンーペーンが発生していました。

Facebookは、連邦取引委員会(Federal Trade Commission)が個人情報の利用について調査していることを本日発表された。 FTCは同社の関係ケンブリッジ・アナリティカ(Cambridge Analytica)と、Facebookのユーザーデータが「劇的に非倫理的」な方法で使用されて可能性について捜査を行っていると言われている。

DeleteFacebookキャンペーンに参加する予定がある場合は、ここをクリックしてiPhoneまたはiPadから直接行うことができます。もちろん、あなたのアカウントを削除しても、すでにそこにあるデータが消えることは必ずしも保証されません。