Wear OSデベロッパープレビューでは、Android P、ダークテーマ、スマートバッテリー節約機能など

0
289

Googleは、今月初めになウェアラブルプラットフォームのブランド名を変更した後、本日、Wear OSのデベロッパープレビューをリリースしました。スマートウォッチ用のAndroid Pは、携帯電話やタブレット向けに発表された機能、UIシステムのダークテーマ、スマートなバッテリー節約機能を紹介しています。



Wear OSデベロッパープレビュー

システムテーマのデフォルトとして、新しいダークテーマが採用され、Wearアプリの視認性を改善されます。この新しいデザインは、今年初めに通知ストリームとシステムランチャーでAndroid Wearユーザーに公開されました

一方、バッテリーの寿命を延ばすために、「長時間」装着していない状態では、Bluetooth、Wi-Fi、携帯電話の電波が自動的にオフになります。この機能は、他の機能と同様に徐々に展開されています。また、デベロッパーが手動で無効にすることができます。

同様に、アプリが高帯域幅のネットワークをリクエストしている場合や、ウォッチが充電器にある場合を除き、時計はWi-Fiに接続されなくなります。

ウォッチに搭載された携帯電話やタブレットのAndroid P機能には、SDK以外の方法やフィールドの使用に関する制限が含まれています。一方、別のバッテリー節約では、時計が充電されていない場合、アプリはバックグラウンドで実行できなくなります。 Googleは開発者がバックグラウンドサービスを削除するようアドバイスしています。