新しいiPadとiPad Pro、どちらを選ぶ? 迷った時の比較

0
211

iPadとiPad Proを並べて見ると、違いはほとんど感じられません。iPad Proは少し大きく、ベゼルはやや薄く、片隅には、キーボードを接続できるいくつかのメタルドットがあります。

Appleは、昨日、エントリーレベルのiPadを新しく発表しました、iPadとiPad Proは、外見と仕様書の両方で驚くほど近いものになります。それでもいくつかの顕著な違いがあり、カジュアルな使用で、学生の道具として選ぶ場合は、今回発表されたiPadで十分かもしれませんが、もし、真剣に、あらゆるシーンでの利用に、iPadの使用をかんがえていている場合は、iPad Proがおすすめかもしれません。

今回は、エントリーレベルの新しいiPadをえらぶべきか? あらゆる用途を考えて、iPad Proを選ぶべきか、iPadとiPad Proの比較をしてみました。



新しいiPadとiPad Proの比較

おそらく今回、もっと重要なのは、Appleは、エントリーレベルのiPadでPencilスタイラスをサポートすることも可能にしたということです。以前は、iPad Pro専用になっていました。つまり、99ドルの鉛筆スタイラスを購入すれば、それを使ってiPadをナビゲートし、メモを取ったり、スタイラスを追加し、さまざまなアプリをスケッチしたり描画したりすることができます。

iPad Proのディスプレイは大きな違いを生む

しかし、ディスプレイは2つのタブレットの間で経験が異なってくるところです。iPad Proは、非常によい表示性能です。 Proのスクリーンは、より広い色域、反射防止コーティング、およびTrue Toneサポートを備えています(部屋の照明に合う調整ができます)。

さらに重要なのは、鉛筆で作業するアーティストであれば、リフレッシュレートという違いを生むもう1つのディスプレイ機能があります。 Proは、標準のiPadよりも高いリフレッシュレートを持っています。つまり、描画しているときに反応が少し速くなるということです。一般的なメモを取るまたは落書きする程度であれば、それほど大きな違いにはなりませんが、アーティストとしてスケッチやレタッチの作業につかう場合は、Proの方が描写が早くより自然な筆跡になります。

Proの他の大きな利点は、物理的にiPadにキーボードを取り付けることができるスマートコネクタがあることです。ノートパソコン代わりとしてiPadを使用する予定の場合、それは大きなメリットとなります。なぜなら、Bluetoothを扱う必要がなく、いつもBluetoothキーボードを充電する必要がないからです。

iPad Proにはさらに多くの微妙な利点があります。ディスプレイはガラスに近い感じがします。ガラスを使用すると、より良い感じが得られます。フロントカメラが優れています。会議通話をたくさんする場合、重要です。リアカメラは光学式手振れ補正機能とオートフォーカス機能を備えています。スピーカーはProの方が優れています。

以上の点から、仕様上はiPad Proに軍配があがりますが、唯一の欠点は価格です。
下位モデルで比較をしてみると、iPad Proが、69,800円、新しいiPadが、37,800円になり、2倍とはいえないまでも、かなりiPad Proのほうが高額です。
まずは、使用用途をよく考え、お金に余裕がない場合は、新しいiPadを選択するのも手かしれません。

以下、比較表のスクリーンショットを掲載します。