Appleは、iOS 11.4とSchoolworkアプリで新しいClassKitフレームワークを公開

0
671

Appleは本日、教育者と学生のためのいくつかの新しいソフトウェア機能を発表しました。同社は新しいSchoolworkアプリケーションを導入し、ClassroomアプリケーションをMacに提供するとともに、新しいClassKit APIを導入しています。 Appleは、ClassKitフレームワークをiOS 11.4で利用できると述べている。



iOS 11.4とSchoolworkアプリで新しいClassKitフレームワークを公開

今日のAppleの発表には、教員が配布資料を配布して課題を作成できるようにする新しいSchoolworkアプリがありました。スクールワークはクラウドベースで、ClassKitと統合されています。このアプリは今年6月に、2018-2019学年度用に利用可能になります。

ClassKitは、Swift、Garageband、iWorkなど、他の多くのアプリケーションと統合された新しいAPIです。このフレームワークにより、教育者はSchoolworkアプリと統合し、iOS 11.4で利用できます。

iOS 11.4に登場するClassKitフレームワークは、教員や学生が課題や進捗状況を把握するのに役立つ、Schoolworkという強力で、新しいiPadアプリと連携しています。

ClassKitを使用すると、教師がアプリ内の特定の学習活動を簡単にみつけることができ、1回のタップで適切なアクティビティに直接参加できます。また、進捗状況を安全かつ非公開で共有することができます。

Appleはまた、ClassroomアプリケーションをMacに提供しています。

さらに、アップルは新しいオンライン「Apple Teacher」プロフェッショナル学習プログラムを導入し、教育者がこれらの新しいプラットフォームやアプリを利用する方法を学ぶのを助けてくれることを期待しています。