正方形と縦向きに再生できる、YouTubeのダイナミックプレイヤーがAndroidで公開開始

0
343

YouTubeは、昨年6月、モバイルアプリが異なるアスペクト比のコンテンツに自動的に調整するダイナミックビデオプレーヤーを今後リリースすると発表しました。 12月にiOSに向けて展開した後、ついにAndroidにも登場しました。



正方形と縦向きに再生できる、YouTubeのダイナミックプレイヤー機能

Snapchatのようなアプリの人気を考慮すると、ビデオはますます異なるアスペクト比で再生される必要があります。

Android用YouTubeのダイナミックプレイヤー機能は、動画を画面に表示した際に、以前はコンテンツをアプリの標準水平ウィンドウに合わせるために使用していた黒いバーを、できる限り取り除くように調整をします。

正方形と縦方向のビデオは、通常のビデオタイトル、ツールバー、およびウォッチの候補が含み、画面をいっぱいに表示します。スクロールすると、ウィンドウは通常の水平方向の形状に縮小され、ビデオは引き続き再生されます。

YouTubeの簡単なテストでは、上部と下部を切り取る代わりに、YouTubeが垂直の16:9コンテンツを完全に表示していないことに気付きます。この場合、拡張アイコンをタップしてフルスクリーン表示できます。このアイコンは、右下隅のビデオシェイプに適応しました。

この機能は、多くのAndroidデバイスで広く公開されています。