PaMuは、価格29ドルで、独自デザインのワイヤレスヘッドフォン

0
403

新しいインイヤースポーツヘッドフォンのPaMuは、Indiegogoで価格29ドルで公開されており、IPX5の耐水性、タッチコントロールを搭載、独自に使用できる機能を提供します。

PaMuは、独自デザインのワイヤレスヘッドフォン

PaMuはイヤーチップとウイングチップがある独自設計で、イヤホンは落ちることなく耳にしっかり固定されます。これは重要なポイントで、多くのインイヤーヘッドフォンに欠けている点でもあります。

これらのヘッドフォンには、10mmのドライバが搭載されています。これは、小型のインイヤー型ヘッドフォンとしては、非常に大きなものです。これらのドライバのサイズが大きいほど、音質が向上し、サウンドステージが大き、パンチ・ベースが大きくなります。 PaMuの10mmドライバは、中高音を犠牲にすることなく、バランスの取れた深い低音でサウンドを提供できます。

PaMuはまた、AppleのAirPodと同様に動作する自動ペアリング機能も提供しています。イヤホンをケースから取り外すとすぐに、イヤホンはデバイスとペアリングします。また、ボイスアシスタントのアクティブ化、メディアの制御用に、側面にタッチ面があります。

各イヤホンは3.5時間のバッテリ寿命で、PaMuによれば、12時間以上聞くことができます。これはAirPods自体とケースの間で合計20時間以上の視聴時間を誇る。AirPodsを除いて、競合他社の製品と同等です。

PaMuはCES 2018で展示され、Indiegogoだけでなく、世界最大の技術コンベンションで何百万人もの人に披露された完成製品です。

PaMuワイヤレスイヤホンのペアを購入したい場合、Indiegogoでわずか29ドルの出資で購入ができます。同社はすでに最初の目標の4,500%以上を持っています。執筆時点では、10,000ドルの目標のうち45万ドル以上が調達されています。2018年4月に発送が予定されており、販売まで長時間待つ必要はありません。

PaMuワイヤレスイヤホン