Walmartによると、店舗のサービス業に新しいロボットを導入検討

0
109

製造業に革命を起こした数十年後、ロボットは現在サービス産業への道を切り開いています。 PCMagは、ウォルマートが特定の日常業務を自動化するための、ロボットの使用を計画していると報告しています。

世界最大の小売業者、Walmartは、在庫切れの商品の棚のスキャニング、価格の不正確さ、間違ったラベルの欠落など、再現性が高く、予測可能な、マニュアル作業を自動化する計画を検討しています。



店舗のサービス業に新しいロボットを導入検討

同社は、この技術により、店舗の従業員は、「ウォルマートで、顧客に商品を販売する上で、最も重要でエキサイティングな作業に集中できる」と述べています。

ウォルマートの初期の実験は同社の成功を証明しており、ロボットチームは4州で50店舗に拡大しています。小売業の大手企業は、ロボットが人よりも効率的であると認めているが、効率性はこのプロジェクトの主な原動力ではないとも述べている。

ウォルマートの技術革新VPであるジョン・クレセリウス氏は、「これは主に業績を改善し、顧客へのサービスを改善する方法に繋がるものだ。」と述べている。

ウォルマートは、この新技術により、常に製品の在庫と価格が正確であることを保証し、消費者にとってより便利になることを期待しています。

効率性はウォルマートの目標ではないかもしれませんが、ロボットは一定の反復作業により効率的な作業をおこなうことができます。総合的には、これらのマシンは人間よりもスキャニング・シェルフで50%の生産性と3倍の高速性を発揮します。

「人と技術の組み合わせは、店舗の利便性を向上させ、店舗をより簡単にして、顧客が望むときに製品を利用できるようにしてくれます」とクレセリウス氏は語っています。

これが消費者に便利であれば、ある日、ロボットが会社の従業員を置き換える可能性があるという懸念があります。しかし、今のところ、そうでもないようです。同社のCTOであるJeremy King氏は、同社が、人の手が必要な仕事を削減するつもりはないと述べている。キングは、これらのロボットのタスクは、人間では、とても退屈なものであると言います。

King氏の保証とは別に、職場の市場における自動化の影響について、人々が心配する他の理由があります。自動化が製造部門で雇用されている人の数を減らさない保証はないからです。

これらの不安にもかかわらず、ウォルマートの最近の声明は、従業員がこれらのロボットを受け入れていることを示しています。同社は従業員が企業が考えていなかったロボットの使用方法を発見したと報告しています。

「それは良い兆候だ」と、クレセリウス氏はいいます。

Walmartは、自動化を実験している唯一のサービス業者ではありません。マクドナルドは最近、レジ係を顧客に注文して支払いを受けることができるキオスク方式で置き換え、レジ係をなくすを実験しました。ウォルマートの場合と同様に、マクドナルドは、これらのマシンが人間の労働者の代わりになるものではないと約束しています。