DJIは、Phantom 5発表前にPhantom 4 Pro V2.0 Platinum Editionを導入する予定?

0
1582

約1週間前に、DJI Phantom 4 Pro V2.0モデルと思われる新しいリーク画像がTwitterに掲載されました。先週の金曜日、DJIの新しいFCC申請書(コントローラー、無人機)を確認でき、このリーク画像が本物である可能性が高くなってきました。



Phantom 5発表前にPhantom 4 Pro V2.0 Platinum Editionを導入?

DJIは、4月にラスベガスで開催されるNAB 2018イベントで、DJI Phantom 4 Pro V2.0または「Platinum Edition」の新バージョンをリリースする予定です。新しいPhantom 4の導入は、今年の10月か11月まで、新しいDJI Phantom 5が出てこない可能性を示しているかもしれません。

Phantom 4 Pro V2.0 "Platinum Edition"?

約1週間前に、DJI Phantom 4 Pro V2.0モデルの可能性を示す、これらの画像(以下)が投稿されました。また先週出てきたFCCの2つの提出書類には、これらのリーク画像が正しい可能性あることを示している。 DJIはDJI Phantom 4 Pro V2.0または "Platinum Edition"の新バージョンをリリースしようとしているかもしれません。

DronesPlayerによると、最初の画像(以下)は、3月初めに台湾で提出された可能性の高い「通信制御RF機器タイプ認証」に由来しています。

際立っているのは、プロペラの「スイープバック」ウィングチップです。これらはDJI Mavic Pro "Platinum Edition"で見たものと非常に似たデザインで、ノイズを減らして飛行時間を数分短縮することを目的としています。おそらく、新しいファントムはFOCサイン波を使って電子スピードコントローラ(ESC)を駆動します。

コントローラーの最後の写真は、通気孔の増加を示し、コントローラーの仕様が改善されたことを示している可能性があります。 Phantom 4 Pro V2.0が他のアップグレードを行うかどうかは、この時点では不明です。

先週の金曜日、FCCの2件のDJIファイルが公開されました。1つはコントローラー用、もう1つはDJI Phantom 4 Pro V2.0用です。提出書類では、DJIはマニュアルや写真が公開されるまで、45日間の期間、非公開を要請しています。これは、4月、NAB 2018(7-12)が開催される時期を意識しているように思われます。これにより、ラスベガスのNABイベント中に新しいPhantom 4 Pro V2.0「Platinum Edition」を発表するかもしれないという憶測につながっています。

"Platinum Edition"が次の世代のDJI製品に移行する前の最後のマイナーチェンジである場合、新しいPhantom 5は、公開までまだまだ時間がかかるかもしれません。 Mavic Pro "Platinum Edition"は、2017年9月1日にリリースされました。Mavic Pro IIの発表が待たれている状況です。ファントム5についても同じ状態の場合、リリースは、早くも10月になる可能性があります。