GoogleはPixel 2のDriving DNDモードで使われている機械学習APIをオープンに

0
219

AndroidのActivity Recognition APIは、リソースやバッテリ寿命を浪費せず、機械学習モデルを使いデバイスのセンサデータを処理することによって機能できるシステムです。 Transition APIは、ユーザーがアクティビティを開始または停止するタイミングを検出することに特に焦点を当てています。



AndroidのActivity Recognition API

Googleでは、特に運転中の判断を特に研究してきました。

例えば停止の判断などでは、ユーザーが車を駐車してドライブを終了したか、単に信号機で停止していて運転を続けているのか、車の故障で停止しているのかなど状況を学習して判断する必要があります。

この判断に達するために、Googleは機械学習モデルを訓練し、アルゴリズムアクティビティの変化を確実に検出するアルゴリズムフィルタリングを使用します。Activity Recognition APIは、すべての開発者が利用可能で、ユーザーが自転車に乗ったり、歩いたり、走ったりする活動を、すべて処理し、ユーザーのアクティビティが変更されたときにアプリに通知します。

このAPIを使用することで、開発者はバッテリ効率が悪く、開発に時間と労力がかかるソリューションに頼る必要がなくなると期待しています。将来的には、道路と鉄道車両を区別するようなコンテキスト認識機能を追加する予定です。