NASAに、雲の写真を送って衛星の分析精度をあげよう!計画

0
256

NASAはすべての雲量計に空の写真をつかい、宇宙機関とアプリでデータを共有する計画を検討している。市民科学プロジェクトは、異なる衛星上の6つの地球観測機器のデータを検証するために#CloudTwitterで雲の写真を集めいようとしています。



NASAに、雲の写真を送って衛星の分析精度をあげよう

これは、雲や地球放射エネルギーシステム(CERES)と呼ばれるプロジェクトの一部で、地球規模の気候変動などの中で雲の役割をよりよく理解することを目指しています。しかし、雲は時々、上から識別することが難しく。たとえば、NASAによると、最も一般的な高雲のタイプである薄くて丈夫な巻雲は、雪の真下の状況を確認できないといいます。この問題により、地上からの観測と衛星の観測を比較する必要があります。

NASAに、雲の写真を送るのに参加したい場合は、GLOBE Observerアプリをダウンロードして、クラウド写真を送信するための手順確認するのが最も簡単です。たとえば、天空の色(濃い青色から薄い青色)から可視性(非常に澄んだものから非常にぼんやりしたものまで)、どのような種類の雲が表示されているのかなど、すべての情報が表示されます。

このアプリには、空の状況を識別するのに役立ついくつかの雲画像がありますが、選択に役立つオンラインのクラウドIDチャートもたくさんあります。また、CERES計測器を搭載した衛星が頭上にある状態で同時に写真を取れると(これもアプリでチェックできます)、NASAはスペースベースの観測を電子メールで送信してくれます。

宇宙機関は春にいくつかの興味深い雲の活動があるため、今春にチャレンジを開始しています。冬から夏にかけての季節の変化は非常に激しいことがあり、NASAは2017年11月に打ち上げられた特定のCERES機器のデータを二重チェックするため、2018年初めに測定を開始しました。

4月15日までに1日あたり最大10枚の雲写真を提出することができます。