アップル MacBookの売上高は2018年に15%増と予測!

0
368

KGIからの新しいレポートによると、AppleのMacBookラップトップのラインは、iPadとiPhoneの両方よりも、ユニット販売における前年度の成長率が良い決河になると予測しています。このアナリストは、Macノートパソコン出荷台数が2018年に13-16%増加すると予測しているのに対し、iPadでは約7-10%、iPhoneでは最大6%になると予測している。



アップル MacBookの売上高は2018年に15%増!

明らかに、絶対販売台数では、iPhoneは他のすべてを圧倒していますが、もはや成長勢力ではありません。最近の四半期でウェアラブルはAppleの成長が最も好調で、KGIは今年のMacの売上が2017年に比べて着実に増加すると予測している。

当然のことながら、コンポーネント出荷の大部分は、年後半とみられています。

これは主に、Appleが6月以降新しいMacBookモデルとリビジョンを計画しているためです。アップルが新製品の発売を開始しているため、サプライチェーンは、前四半期に比べて部品出荷が約80%増加すると見込んでいる。

KGIのアナリスト、Ming​​-Chi Kuo氏は、Apple MacBookの明るい見通しをよそくしており、2018年にAppleの主要製品ラインで、13-16%、出荷が好調になると予想されています。iPhoneの出荷は4 -6%、iPad出荷台数は7〜10%と予測しています。

MacBookの成長ストーリーが健全なため、KGIはTouch Bar MacBook Proモデルに特に大きな重み付けをしているといいます。これは、タッチバーのラップトップは、ラインナップの中で最も高価なMacBookモデルであるため、財務的な観点からも良いニュースです。

Ming-Chi Kuo氏は、今年のリリースに向けて、より手頃な価格の新しいMacBook Airを発表する予定であることを再確認している。 Digitimesはこれまでに、新しい13インチRetina MacBookが登場すると述べています。