Googleの今後のVR OLEDディスプレイは、Vive / RiftのPPIを3倍以上、上回る?

0
220


Society for Information Displayの2017年のカンファレンスで、Google AR / VRヘッドのClay Bavorは、バーチャルリアリティ用の高解像度ディスプレイを作るための「秘密のプロジェクト」を発表しました。5月にGoogleは、このOLEDスクリーンを発表する予定です。



Googleの今後のVR OLEDディスプレイは、Vive / RiftのPPIを3倍以上

最高のコンシューマ向けVRディスプレイは、110度の視界で各目ごとに2メガピクセルの解像度を持っています。それをトンネルビジョンと比較すると、Bavorは、より良い経験をするためにはより多くのピクセルが必要であると主張しています。

「OLED製造業者」を抱えるGoogleの秘密プロジェクトは、2.5倍の4Kディスプレイに相当する10倍の解像度を約束する一方、FOVは倍増します。

5月のDisplay Weekカンファレンス2018年では、Googleが「広視野」を備えた18メガピクセルの4.3インチOLEDディスプレイを発表していることに注目している。一方、1443PPIは120Hzのリフレッシュレートで宣伝されている。

ディスプレイサイトOLED-infoは5500 x 3000解像度を示唆し、通常のViveは448 PPIでは3.6インチで1080 x 1200のところ、HTC Vive Proは3.5インチ(615 PPI)で1440 x 1600ピクセルを提供するといいます。

この非常に高い解像度とそれに関連するデータでは、Bavorはヘッドセットがfoveatedレンダリングに依存しなければならない時代だと指摘しました。このテクニックは、高解像度で現在見ているものをレンダリングし、周囲ができるだけフェードアウトする仕組みです。

Googleは5月22日にディスプレイを発表するかもしれないが、すぐに消費者が利用できるかどうかははっきりしていない。これまでのところ、Googleは携帯電話や携帯電話ベースのヘッドセットに興味を示しています。