アップル、トップ・ムービークリエイターやデザイナーの短編映画を集めてiMac Proのパワーを宣伝

0
201

強力なiMac Proを宣伝するために、Appleは本日、iMac Proを使用して映画制作者やCGアーティストが作成した一連の短編映画集を公開しました。各映画は主にiMac Proを使用していましすが、3Dグラフィックレンダリングには「追加の機器」が必要になっています。



トップ・ムービークリエイターやデザイナーの短編映画集

Buckのデザイナー、Sarofsky IncのErin Sarofsky、モーショングラフィックアーティストのEstebanDiácono、3DアーティストLuigi Honorat、デザイン&モーションスタジオManvsMachine、Imaginary Forcesのディレクター、デザイナー、Michelle Doughertyなどが参加しています。

Appleがこのプログラムを以下のように説明しています

*AppleはiMac Proのパワーを実証するために、有名な映画制作者、CGアーティスト、モーショングラフィックデザイナーに、高度な技術を使って個人的な作品を制作するよう呼びかけました。

Appleは、この短期間のプロジェクトをウェブサイトの「Films」という新しいページで共有しました。さらに、個々の映画にはそれぞれ独自のサブページがあり、背後には創造的プロセスがあります。ハードウェアとソフトウェアの両方が含まれます。*

Appleは、iMac Proを12月にリリースしました。マシンは4,999ドルで始まり、「これまでで最も強力なMac」と宣伝されています。

アップルはiMac Proの短編映画をYouTubeチャンネルに追加しています。