AdobeはLightroom CC、Lightroom Classic、XDをアップデートし、速度とパフォーマンスに重点

0
184

アドビによると、2月のLightroomエコシステムアップデートは、既存のワークフローを改善するための重要なパフォーマンスの向上と機能要求に重点をおいているといいます。

Lightroom CCを昨年秋にAdobe MAXに導入し、以前のLightroom Classic CCの名前に変更して以来、Adobeは新しいアプリケーションを素早くアップデートしてきました。Lightroom Classic CCアプリは引き続きサポートされ、積極的に開発されています。今回のアップデートには、LightroomのAndroid版で注目すべき機能もいくつか含まれています。いくつかはiOS版でも登場する予定です。ハイライトは次のとおりです。



Lightroom Classic CC

  • 最適化されたCPUとメモリの使用率により、少なくとも12GBのRAMを搭載したコンピュータ上の複数のコアでパフォーマンスが向上します
  • インポートグリッドの読み込み、インポートとプレビューの生成、エクスポートなど、複数の領域でのスピードの向上
  • フォルダからコレクションを即座に作成できるため、モバイル用のLightroom CCと簡単に同期できます

Lightroom CC エコシステム

  • すべてのLightroom CCアプリケーションの安定性の向上
  • Desktop用Lightroom CCでは、インポートした画像に著作権を追加できるようになりました

Android用Lightroom CC

  • 新しいジオメトリタブには、パースペクティブに歪みを補正するための強力な編集機能が追加されました(iOSにも登場する予定です)
  • Google Assistantを使用してLightroomライブラリを検索する機能
  • お気に入りのアプリケーションから写真を追加する機能により、すべての写真をLightroomに簡単に取り込めるようになりました

同社の最新のプロトタイピングツールであるAdobe XDもアップデートされました。

新機能と並行して、Adobeはモックアップで使用できる3つの無料アイコンキットを提供しています。

XDのアップデート内容

  • クリエイティブクラウドライブラリのベクターグラフィックスサポートにより、デザイナーはベクターをXDのCCライブラリパネルからキャンバスに簡単にドラッグ&ドロップできます
  • デザインスペック(Beta)のレイアウトグリッドは、デザイナーと開発者の間のコミュニケーションをサポートします。
  • 世界中の大手デザイナー、ランス・ワイマン、アントン、アイリーン、ビュロデストラクトと提携して作成された3つの無料の独占的なアイコンコレクション
  • Adobe XD for Windows 10は、基本的なペンとタッチのサポートを備えています
  • スクロール位置を保持 – プロトタイプ内のオブジェクトを配線するとき、設計者は上部からスクロールしなくても次の画面でその位置を維持するように位置を制御できるようになりました
  • プロパティインスペクタのスポイト – ユーザーはプロパティインスペクタからグラデーションのカラーストップを直接サンプリングすることができ、1回のクリックで時間を節約し、スポイトツールにアクセスできます

Creative Cloudのメンバーは、今日、これらのアップデートを利用することができます。