GoogleとLGは5月に高解像度のVRディスプレイを発表予定

0
512

GoogleとLGは、5月下旬のトレードショー、Display Week2018で、1443ppiの18メガピクセルの4.3インチOLEDヘッドセットディスプレイと120Hzの高いリフレッシュレートを発表する予定です。ディスプレイは、広い視界と高い鋭敏さを有する仕様となります。



GoogleとLGの高解像度のVRディスプレイ

これらのスペックは、市場に出回っているものより、今後のヘッドセットをより良くします。新しいHTC Vive ProやOculus Riftのような画面は、それぞれ2880 x 1600と2160 x 1200という合計解像度しか持てません。

先進的なプログラムではパネルの解像度が明らかにされませんが、画面の解像度が5500 x 3000になる可能性があります。

バーチャルリアリティの次のステップは、画素が密集したディスプレイを備えたヘッドセットをていきょうすることにより、画素間の境界が見える問題や、斜線が荒く、鋭いときなどの問題を解決することができるようになります。 GoogleとLGがこのような超高精細VRディスプレイを消費者向けヘッドセットとして、今年中に提供できるかどうかはまだ不明だ。