OculusはRift VRヘッドセットのソフトウェア修正が完了して復活!

0
149

 

Oculus Riftの所有者は、期限切れの証明書の問題で、ヘッドセットが昨日から動作しない問題を発見しました。 Oculusがセキュリティ証明書を更新するのを忘れてしまったため、Riftアプリケーションの一部がクラッシュし、VRソフトウェアへのアクセスが妨げられているようです。一時的な修正対応としては、コンピュータの日付を期限前に設定し対応していましたが、現在、Oculusは問題を解決するためのソフトウェアアップデートを発行しています。



セキュリティ証明書の更新忘れによる接続問題

この修正はOculus RiftのWebサイトから入手でき、有効期限が切れていない証明書も含まれています。オクラは、Twitterでメッセージを出し、共同設立者のNate Mitchell氏はこのような経過になった件で謝罪しました。Mitchell氏はまた、問題の影響を受けたリフトオーナーに「オキュルスの店舗クレジットを提供する」と約束しました。

期限切れの証明書が大きなソフトウェアプラットフォームに影響することは初めてのことです。 2015年11月、Macの所有者は、期限切れのセキュリティ証明書の影響で、App Storeからダウンロードしたソフトウェアの削除と再インストールが必要になる問題がありました。