マイクロソフトは、2019年にWindows 10を新しい「Sモード」に移行

0
174

マイクロソフトは、来年、Windows 10を専用のオペレーティングシステムからWindows 10の特別な「Sモード」に移行する計画を明らかにしている。先月の計画でニュースが報じられましたが、Microsoftのジョー・ベルフィオーレ氏はTwitterでこれを認めています。 ベルフィオーレ氏は「来年の10Sは、別バージョンではなく、既存のバージョンの「モード」になるでしょう。」とコメントしています。



Windows 10を新しい「Sモード」

新しいSモードは、Microsoft Storeからのアプリケーションのみを実行でき、専用のWindows 10 Sオペレーティングシステムと同じように動作します。マイクロソフトでは、Windows 10 Home、Enterprise、およびProバージョンのオペレーティングシステムに新しい「Sモード」を追加する計画をしています。

マイクロソフトでは、Windows 10 HomeユーザーがSモードを無料で無効にすることを計画していると噂されていたが、Sモードを有効にしたWindows 10 Proユーザーは、フルバージョンのWindows 10にアクセスするために49ドルを支払わなければなりません。マイクロソフトは新しい「Sモード」の変更をみとめていないため、これらの詳細はまだ調整される能性があります。

MicrosoftはWindows 10用の新しいSモードへのアプローチに注意する必要があります。特に、デフォルトではどのデバイスがロックされて出荷されるかが重要になります。その選択肢がPCのパートナーに任せられれば、来年のSモードで出荷されるデバイスの対応内容が消費者にうまく説明できず、混乱が生じる可能性があります。