OnePlus 5Tは、iPhone Xのインスピレーションから素晴らしいできに!

0
437

OnePlusはAndroid Oreoベータ版の新バージョンをリリースしました。これには、ボタンのないナビゲーションで、これまで以上に操作を簡単にするための新しいジェスチャーが含まれています。



OnePlus 5とOnePlus 5T

OnePlus 5とOnePlus 5Tの新しいベータ版は、AppleのiPhone Xが導入したソリューションを参考に改善を行なっています。

OnePlus 5とOnePlus 5Tのインタフェースは、従来のバック、ホーム、マルチタスクのナビゲーションボタンを不要にし、それらをいくつかの異なるスワイプ操作に置き換えています。

ユーザーは下中央を上にスワイプしてホーム画面に戻り、左下から右にスワイプして戻ったり、画面中央から上にスワイプしてマルチタスク画面に表示することができます。

OnePlus所有者は、設定で新しいジェスチャーを有効にする必要があり、その機能について紹介の通知が行われるとAndroidCentralは説明している。


このソリューションは、数年にわたってスマートフォンのユーザーを妨害してきた仮想ボタンを取り除くために導入されました。他のAndroidメーカーも導入する可能性があります。

OnePlusがAndroid Oreoのメインバージョンにジェスチャーを乗せているかどうかは、オペレーティングシステムのベータ版が出てきた時に確認できる予定です。

このベータ版では、OnePlus 5および5Tから議論の的になっているクリップボードアプリも削除されています。同社は最近、アプリがユーザーデータを中国に送信しているのではとの主張を否定したが、OxygenOSからそれを削除している。

OnePlusはデータ送信の件で以下のように説明している

クリップボードアプリケーションがユーザーデータをサーバーに送信しているという誤った主張がありました。この機能は、グローバルオペレーティングシステムであるOxygenOSのオープンベータ版では完全に非アクティブです。 OxygenOSに同意せずに、どのサーバーにもユーザーデータが送信されていません。

同社は今年後半にOnePlus 6を発売する準備を進めており、これらの変更が次のフラッグシップで標準となるかどうかは興味深いところです。