Android P DP1:ディスプレイのノッチに対応するために時計を左側に移動

0
360

Android Pの最初の開発者向けプレビューでは、変更された機能がたくさんありますが、一番最初に気づくのは、時計の位置がディスプレイ左に変更になったことではないでしょうか。



ノッチに対応するために時計が左側に

Androidは、伝統的に時計をディスプレイの右上に常に配置していました。その左側には、バッテリー、モバイルデータ、WiFi、Bluetoothなどのステータスアイコンが表示されていました。ディスプレイの左側には、ステータスバーの残りの部分を埋める形で、通知が残っていますが、Android Pでは、基本的にノッチに対応するために、ディスプレイ上部の時計、アイコンの並びを反転させています。