ShiftCam 2.0、ユニークな写真を撮れるレンズオプションを簡単に切り替えられるiPhone ケース

0
670


ShiftCam 2.0は、複数のレンズを上下にスライドさせる機能を備えたスマートフォンケースです。レンズオプションを切り替える事で、カメラの撮影機能を変えることが簡単にできます。



ShiftCam 2.0、レンズオプションを簡単に切り替えられるケース

ShiftCam 2.0を使用すると、ケース上でレンズキャリアを上下にスライドさせるだけで、6種類のレンズに簡単にアクセスできます。 “6-in-1″のレンズセットは、2つの望遠レンズ、180度の魚眼レンズ、120度の広角、10倍のマクロ、20倍のマクロを備えています。

これらのレンズを切り替えるためには、レンズキャリアを希望のレンズの選択肢にスライドさせるだけです。 iPhone 7/8 PlusまたはiPhone Xを使用している場合は3つの望遠カメラ、通常のiPhone 7/8を使用している場合は、4つのレンズを使用できます。

また、ShiftCam 2.0には、一度に1枚のレンズに限られていますが、カメラの光学性能を向上させる「Pro」レンズラインが搭載されています。プロレンズコレクションには、望遠、広角、魚眼レンズ、従来のマクロと長距離マクロレンズが付属しています。これらのオプションを使用すると、12枚のレンズが使用することができます。

ShiftCam 2.0には、正面向きのカメラレンズも搭載されています。このレンズは、前面に向いているカメラの上にスライドして、デバイスの正面から広角で撮影できます。あなたがグループセルフを取ろうとしていて、全員をカメラ枠に収めたい場合は、とても有効な機能です。

Kickstarterで公開されており、キャンペーン終了にに1ヵ月近く残っていますが、ShiftCam 2.0はすでに資金調達目標の450%以上を調達しています。

プロのレンズラインを手に入れたいのであれば、メインキットと広角レンズ、望遠レンズ、伝統的なマクロのいずれかを選択して98ドルから出資できます。2018年5月の出荷予定です。