Zero DSRは完全電気モーターで、チェーンもないエコなスポーツバイク!

0
275

Zero DSRは実物大フルサイズのバイクですが、完全な電気バイクです、このバイクを乗りこなすには、ガソリン駆動のバイクライダーいくつかの新しいことに慣れる必要があります。

まず、一番の特徴は、チェーンがありません。チェーン式ではなく静かでメンテナンスフリーのベルトを使用しており、空冷式74馬力の電動モーターの中央クランクからすぐに後輪を駆動できるため、クラッチやシフトレバーはありません。しかし、DSRはスクーターではありません。標準サイズの17インチホイールは、大型のABSディスクブレーキがあります。



Zero DSRは完全電気モーターのスポーツバイク

舗装された道路に適していますが、純粋なロードディーよりもサスペンションがしっかりしており、Pirelli MTシリーズのトレイル対応タイヤを履いています。ハードコアのDOTノブではありませんが、軽いオフロードではうまく機能します。

ライディングは、通常のデュアルスポーツバイクと変わらず、シフトや典型的なソニックシンフォニーに似ています。フレームレール間のモーターは、いくぶん小型のリチウムイオンバッテリパックに置き換えられました。ガスモーターとは異なり、モーター音はかなり静かです。

ライダーは、右グリップの横にあるボタン(Eco、Sport、Custom)を使用して3つのライドモードを切り替えることができます。エコは新しいモードで、スロットルを回すとすると、ホンダシビックスをはるかに上回る滑らかなスタートになり、スピードが増すにつれて加速は滑らかです。

スポーツモードは正反対で、スロットルを回すと、スポーツバイクにある加速を体験できます。

Zeroのスマートフォンアプリで独自のルールを設定できます。、アプローチでは、馬力出力、トルク出力、トップスピードなどカスタムモードのパフォーマンスパラメータを設定できます。このアプリは、バイクの調子が悪くなった場合の診断ツールもあります。また、Bluetoothを使用して充電ステータスをワイヤレスで確認することもできます。


DSRのガソリンタンクに当たる箇所は、広い収納がありヘルメット、充電器、折り畳み式雨具、手袋の第2セット、エネルギードリンク缶などが入れられます。

充電時間はバッテリーサイズによって異なりますが、コンセントからのフル充電の場合は8時間以上が必要です。オプションの急速充電器システムは、3時間以内にフルチャージすることができます。

DSRは通常のバイクのように動作しますが、はるかに便利です。

Zero DSR サイト