Googleは音楽を作るためのシンプルな、ブラウザベースシーケンサーを発表

0
1071

Chrome Music Labでは、Song Makerという新しいミュージック作成ツールを発表しました。ブラウザベースのエクスペリエンスであるSong Makerは、2つの異なるインストゥルメントのループをプログラムし、保存したり、コラボレーショ
で他のユーザーに送ることができるシーケンサーです。



Song Makerという新しいミュージック作成ツール

Google Creative Labでは、2016年にChrome Music Labを開始しました。ウェブベースの一連の実験で、それぞれのChromeミュージックラボでは、音楽とサウンドを別の方法で再生できます。これには、周波数値について勉強できる、キュートなキャラクターを詰め込んで伸ばしたりするオシレーターや、振動が空気中をどのように伝わるかを視覚的に表現したSound Wavesが含まれます。

ソングメーカーはもっと複雑ですが、まだ操作は簡単です。それは2つのセクションに分かれたシーケンサーフォーマットを持っています。メロディーのメイン部分と、リズムのためのボトムの小さなバー。セクションごとにいくつかの音楽オプションを選択し、デバイスに応じてマウス、キーボード、または指で、ノートを描くことができます。 (ノートを個別にクリックする必要はなく、ドラッグしてノートの中にペイントすることもできます)。

主なSong Makerのインターフェイスには、曲をさらにカスタマイズするためのオプションが用意されています。スライドバーでテンポを調整したり、オクターブの範囲、ループの長さ、バーあたりの拍数などを設定することができます。

Chrome Music Labのソングメーカーは、無料で再生できるブラウザベースの音楽制作ツールの1つです。たとえば、PIXELSYNTHを使用すると、スケッチを描き、それらの画像をスクロールするときに音楽に変えることができます。また、NovationはサンプルパッドをタップしてループをプログラミングするアーケードというLaunchpadハードウェアのブラウザ版を作成しています。

Song Maker