一部のApple Watchユーザーが、ICU機器に起因する予期しない再起動を報告

0
88

アップルウォッチは、よく機能している優れたヘルス・フィットネストラッカーですが、最新のモデルでは、特定の病院環境で働くユーザーに問題を引き起こす可能性があります。 多くのApple Watchユーザーが、Apple Watch Series 3で予期しない再起動を報告しています。

一部のスレッドによると、病院の集中治療室でApple Watchを使用している際に、Apple Watch Series 3の予期しない再起動が発生しており、病院で使用される特定のICU関連機器が、携帯電話の有無に関わらずApple Watch Series 3を妨害している可能性があることを示しています。

ある、クリスマスに妻のためにApple Watch Series 3を購入したユーザーによると、 ICUの設定でApple Watchを装着したときに60〜90分ごとに定期的に再起動し、Apple Watchを新しいユニットに交換されましたが、問題は解決されなかった報告があります。

Apple Watch Series 3が昨年秋に発売されて以来、同様の話がオンラインで浮上しています。 10月に作成されたApple Supportスレッドに応答する形で、同じ環境での、同じ問題が数十回以上、返信されています

ICU環境での再起動を避けるための解決策は、機内モードでApple Watchを使用する方法があり、この場合、Apple Watchがこの問題を起こす可能性は低いようです。

Apple Watch User Guideには、医療機器への干渉が予想されることが記載されています。アップルウォッチの “コンポーネントとラジオが電磁場を放射する”の影響を受けるのは、「ペースメーカー、除細動器、その他の医療機器」です。

オンラインのユーザーレポートに基づくと、Apple Watch Series 3より前のApple Watchモデルでは問題はないようで、GPSとGPS + Cellularモデルの両方で問題が発生しているようです。

特定の病院環境で特定のApple Watchの世代に限定されているように見えるこの問題は、今後ソフトウェアアップデートによって解決できる可能性があります。