Apple Watchシリーズ3はスキーとスノーボードのトレーニング追跡を可能に!

0
363

AppleはApple Watchでサードパーティーのアプリを提供しており、今日、新たにウィンタースポーツ追跡機能を追加している。いくつかのスキーとスノーボードを追跡するサードパーティのApple Watchアプリは、App StoreでWinter Sports愛好家向けのフィットネス追跡機能をリリースしています。



スキーとスノーボードのトレーニング追跡機能

新機能のサポートは、12月にリリースされたwatchOS 4.2のアップデートで開始されました。これには、ウィンタースポーツアクティビティ追跡に特化したカスタムワークアウトAPIが追加され、アプリ開発者はそのAPI利用を使いアプリの開発を開始していました。

新しい機能で更新されたアプリには、スノー、スロープ、スクワウアルパイン、スノクラ、スキートラックなどがあります。新しいAPIとWatch 3の内蔵GPSと高度計を使用して、垂直降下距離、水平距離、走行回数、平均速度と最大速度、および消費カロリーを追跡できるようになりました。

ユーザーはアクティブカロリー測定値をアクティビティアプリに送信し、他のトレーニングと同様に自分のリングを埋めて目標のゴールを達成できるしくみになります。スロープやスノーなどのアプリによっては、Siriとの統合も可能で、ユーザーは音声コントロールでトラッキングを開始できます。