ARCoreが13個のデバイスでリリース、Google Lensが写真、アシスタントでARCoreに対応

0
329

MWC 2018に先立ち、アシスタントニュースのほかに、Google Lensはまた、より幅広いリリースと新機能を追加しています。一方、昨日のレポートによると、GoogleはARCoreを今日ベータ版から昇格させ、1億台のサポートされているデバイスにリリースするといわれている。



Google Lensが写真、アシスタントでARCoreに対応

昨年Pixel and Pixel 2で公開されたGoogle Lensは、AndroidやiOS上のGoogleフォトアプリに公開され、「互換性のあるフラッグシップデバイス」のアシスタントにも登場します。

今後数週にリリースされるGoogle Lensは、Googleがまだ「プレビュー」版と位置づけており。Google Lensは、動物、植物や花を写真から認識できる新しい機能を追加しています。

一方、ARCoreは本日プレビューを終了し、GoogleのPixel、Pixel XL、Pixel 2、およびPixel 2 XLの13種類のモデルをサポートするバージョン1.0としてリリースされています。

開発者は拡張現実感のアプリケーションをPlayストアで公開できるようになり、Googleは「AR開発プロセスを迅速かつ容易にするための追加の改善とサポート」を追加することができます。