ZTEのTempo Goは、米国初のAndroid Go携帯電話!

0
619

ZTEは、米国内、初のAndroid Go携帯電話を発表しました。 Tempo Goは、Googleの新しいAndroid Go OSを実行し、1GBのRAMと8GBのストレージを搭載しています。同社は、新しい携帯電話の料金については言及していないが、このプログラムの背後は、Androidを手頃な価格で提供することです。



ZTEのTempo Goは、米国初のAndroid Go携帯電話

仕様は次のとおりです。

  • クアルコムMSM8909プロセッサ
  • 2,200mAhバッテリー
  • 5メガピクセルのリアカメラと2メガピクセルのフロントカメラ
  • マイクロUSB経由で充電し、ヘッドホンジャックを装備

OSは基本的にデバイスのメモリ全体を必要とするため、ZTEは512MBのデバイスの製造を中止したが、Android Goを使用すると、1GBの携帯電話を快適になることが判明したため、ZTEは、512MBのデバイスを再登場させるかもしれない。

Googleは昨年、Google I / OでAndroid Goを発表し、スマートフォンに低価格をもとめるユーザーに、より優れたAndroid体験を提供する予定だとコメントしていました。その後、開発者と製造業者は12月にOSを受領しており。Android Goを搭載した新しいデバイスでは、YouTube、Gmail、マップなどに最適化された「Go」アプリケーションを実行できるようになり、電話機の容量を節約、データを少なくするように構築されています。

Googleは将来のすべてのAndroidバージョンでAndroid Goの変種をリリースすることを約束しており、おそらく、今後、新しいGo端末が続々と登場してくるかもしれません。しかし、Android Goを体験した、Jake KastrenakesとVlad Savovは、Alcatelの最初のAndroid Go電話をためし、ユーザー体験として不満を感じていました。今後、Android Goがどれだけの結果を残せるか楽しみです。