昔のiPodのフラッシュメモリと新しいバッテリをアップグレードする方法

0
466

AppleのiPodはおそらく、個人用のオーディオデバイスの頂点います。確かに、AndroidとiOSの携帯電話は、素晴らしいストリーミングサービスと、ギガバイト容量のストレージで、多くの音楽を再生できますが、エレガントなスタイル、洗練されたデザインでいうと、旧iPodの触感的なクリックホイールに勝るものはありません。



旧iPodを独自にアップグレードする方法

旧iPodを使用し続けることはなかなかですが、遅いスピードとハードディスクドライブが30GBのストレージは、アップルのハードウェアがいかに優れているかにかかわらず、もはや優れたユーザーエクスペリエンスではありません。

幸いにも、古いiPodを、かつてのスーパーチャージャー、携帯音楽プレーヤーに戻すために、独自にアップグレードする方法があります。

この方法は、Circuit Breaker Liveで今週公開されました。下の動画から、それがどのように行われているかを確認し、新しい250GBの高速フラッシュストレージを備えたiPodに生まれ変わらせる事ができます。

iPodを自分でアップグレードする場合は、次のものが必要です。

  • 古いiPod(第5世代のiPod Videoが最高の性能を発揮し、Wolfson DACを使用できる仕様になります。Wolfson DACはこれまでiPodで出荷された最高の品です)
  • SDカード、コンパクトフラッシュドライブ、またはSATAドライブを収納し、旧式のハードディスクドライブへ接続するiFlashアダプタ
  • 一部のフラッシュメモリ(SD、microSD、コンパクトフラッシュ、またはSATA、個人の好みに応じて)
  • 新しいバッテリー(iFixitから信頼できるものを入手できます)
  • iPodを開くオープニングツール

その後、iPodを開けて、電源とヘッドホンのケーブルを慎重に取り外し、バッテリーを交換し、ハードドライブを交換、すべての配線を再接続し、再び組み立てる簡単な作業です。 動画はこちら

動画:How to upgrade an iPod for 2018 with flash memory and a new battery – The Verge