一部のGoogle Pixel 2 / XLの所有者が、バッテリー消費の悪化を報告

0
452

GoogleのPixel 2スマートフォンは、優れたバッテリー寿命や頻繁なソフトウェア更新などの品質に満足しているユーザーは多いかと思いますが、最近のアップデートでは、一部のユーザーでバッテリー消費の悪化が報告され、問題になっています。



Google Pixel 2 / XLのバッテリー消費が激しくなる問題

Googleの2月のセキュリティアップデート以来、RedditとGoogleのPixel User Communityのユーザーは問題を報告している。最大の問題は、デバイス自体が暖かくなり、バッテリーの消費が激しくなることです。

問題に関するレポートは人によって異なりますが、多くの共通の問題は、Pixel 2が暖かくなりバッテリーの消費が悪化している点です。他の問題では、Pixel 2 XLが何もしていないときに、勝手にスタンバイ状態になったり。電子メールやソーシャルメディアのチェックなどの簡単なタスクでもPixel 2が発熱する問題が発生しているようです。

この最新のアップデートは、Googleの最新のフラッグシップモデルが提供しているステラー電池に関連しているようです。試しに、Pixel 2 XLで確認をしてみると、アップデート後は、夕方までにバッテリーが約30%になってしまうことに気がつきます。以前では50%以上のバッテリー容量が残っていました。

RedditとGoogleのコミュニティに関するレポートもこれを反映しています。しかし、これらの問題はユーザーによって大きく異なります。一部のユーザーは問題を報告し、他のユーザーからは特に事象はない報告があります。

この原因がはっきりしていませんが、問題を報告すしているスレッドで共通の原因は、2月のセキュリティアップデートです。おそらく、Google
3月のパッチで修正するのではと思われます。