SkydioがR1ドローン公開 !自動で障害物回避ができる自律飛行型ドローン

0
665

Skydio R1ドローンは何年も作成に時間をようしてきましたが、ついに登場します!Skydioは、テスラのシニアエンジニアの一人がテスラを退社し、Skydioへ入社、テスラでつちかった自立運転技術をドローンの自律飛行開発に応用しています。



R1ドローンは、自律飛行型ドローン

R1が他のドローンと異なる点は、高度な障害回避システムであるSkydio Autonomy Engineを搭載していることです。 12台のカメラを使用して、R1は周囲の3Dマップを作成、その被写体(スキーヤー、ランナー、バイカー)の動きを予測し、最大4秒で進行方向の計画を作ります。

次世代、自律型Skydio R1ドローン

SkydioはAdam Bry、Abe Bachrach、Matt Donahoeによって設立されました。彼らはMITの大学院生として、高速自律飛行プロジェクトに携わり、GoogleでProject Wingを始めました。彼らはその後、Skydioを設立して、完全に自律飛行する無人機を作成しました。これは障害物回避から大きな一歩を踏み出しており、成功したようです。

その反面、DJIドローンも障害回避が可能な機能を兼ね備えています。そのシステムは非常に優れており、多くのドローンが壁や木などに当たるのを防ぐのに役立ちますが、それは自律的な飛行ではありません。

DJIはDJI Mavic AirでFlightAutonomy 2.0を導入して障害物回避の精度をあげました。 FlightAutonomy 2.0は、前方、後方、下向き二重視覚センサと下向き赤外線感知システムと共に、主ジンバルカメラを使用してドローン周辺の3Dマップを作成します。 DJIはこの技術をAPAS(Advanced Pilot Assistance Systems)と呼んでいます。

Skydioは自律飛行をさらに目指す?

Skydioは全く新しいレベルへ障害物回避機能を押し上げています。機体の形状は、ホバリングカメラパスポートドローンを思い出させますが、R1は折り畳むことができません。ドローンのフレームには、組み込まれた12台のカメラがあり、あらゆる方向へむけられ、周囲を見ることができます。カメラは同時に動き、すべての視覚的な情報を、自律運転自動車にも搭載されていることで有名な256コアNvidia TX1 GPUに提供します。

自律飛行の第一歩として重要なポイントは、ドローンが環境内のどこにいるのか、それがどのように動いているのか、ドローンの周囲から作成された3D画像によって可能になることです。三角測量により、ドローンの位置を計算することを可能にします。

処理の次のステップは、ドローンの周りの世界を3Dで理解することです。これを実現するために、Skydio R1はカメラの各ペアで、奥行きマップを計算します。これらのマップは時間の経過とともに変化します。

ドローンの動作計画システムは、これらの情報をすべて使用可能な動作に変えます。障害を回避し、視界を維持し、ビデオを録画し、未来の動きを最大4秒で予測することによって無人機がどのように行動すべきかを予測します。計画コマンドは、物理的な世界ではロータースピードとジンバルアクションに変わります。これによりドローンは、非常に滑らかに動き、驚くべきビデオを撮影することができます。

オブジェクトを視覚的に識別することは、アイテムの色、背景色、およびドローンの速度に依存します。また、ボールやフリスビーなどの動く物体を検出することは困難です。 Bryは、これらの分野での無人機の性能が時間の経過とともに改善されると確信しています。

仕様

Skydio R1ドローンには、4K、30fpsのジンバル安定カメラ(自律飛行に使用される12台のカメラに加えて)が装備されており、スマートフォンから直接飛行操作することができます。自律的に飛行する無人機として、専用のコントローラは必要ありません。

R1は、軽量アルミニウムと炭素繊維を含む航空宇宙材料で作られています。フォロー、リード、サイド、軌道、三脚など、さまざまな飛行モードがあります。これらの機能は、携帯電話のアプリで選択できます。また、障害の回避を有効にしたまま、フォロー、ショットの角度の調整、またはフルコントロールを行い、ドローンを飛ばすことができます。

価格と在庫状況

今日、カリフォルニア州レッドウッドシティーのSkydio社はR1ドローンのフロンティア版を発売しています。あなたは今日からオンラインで注文することができ、今後数週間で出荷されます。ドローンには2台のバッテリーがあり、それぞれ16分間の飛行時間になります。また、ビデオ映像のための64GBの内部ストレージも備えています。 R1ドローンの価格は$ 2499です。

Skydio R1サイト