アップルは、新しい6.1インチiPhoneを1億台販売する見込み?

0
534

KGIは、2018年のiPhoneのラインナップがどのようなものになるのか引き続き予測を行なっている。 2018年の6.1インチ液晶iPhoneは、同様のフルスクリーンデザインでiPhone Xに似ているようだが、ユーザーにとってより購入しやすい価格になるとみている。アナリストは、この新しいiPhoneが、iPhone 8とiPhone 8 Plusを699ドルほどの安価なものに置き換えて価格設定されることを期待しています。



2018年の6.1インチ液晶iPhone

LCDの6.1インチのiPhoneは、ステンレス鋼の代わりにアルミフレームのようなわずかにプレミアムなコンポーネントを使用しますが、トップエンドのiPhoneのように見えるため、人気の高い2018年デバイスとなり、総販売台数は約1億台になると予測している。

1つのモデルで1億台がすごい数に思われますが、実際には、Appleはそれに近い多くのiPhoneを販売しています。年末のバケーション期間には、Appleは7,730万台のiPhoneを販売した。

KGIのMing-Chi Kuo氏は、現在のiPhone Xは6,200万台に達すると予想している。Ming-Chi Kuo氏はAppleが夏に、この特定のモデルの生産を中止するとみている。

6.1インチのiPhoneだけが新しいデバイスではないとも予測されています。iPhone Xの後続機は、3つの2018 iPhoneモデルからなると考えられています。改良された内部構造を兼ね備えた、新しいiPhone Xスタイルのデバイス、6.5インチのOLEDディスプレイを備えたより大きな「iPhone X Plus」、6.1インチのLCDモデルが想定されます。

3台すべてのiPhoneはFace IDを搭載し、iPhone Xのジェスチャーナビゲーションを優先してホームボタンがなくなる事がが予想されます。以前のKGIレポートによると、6.1型デバイスはデュアルカメラも3Dタッチもなくなると予想されています。

この段階では、ラインアップの価格は明らかに分かっていないが、6.1インチLCDデバイスは相対的に50%の割合で、残り「新iPhone X」と「iPhone X Plus」(仮称)が、出荷台数の約50%を占めると見込んでいる。

これは、2018年のiPhoneが約2億台、販売されることを意味します。