Huawei Mate 10 Proレビュー、超高価だが豪華な次世代

0
451

Huaweiの最新版であるMate 10 Proは、各社android端末が続々と出てくるなか、より厳しい競争業界の中で、高価ながら豪華な仕様の次世代Huawei Mateを登場させます。今回、このHuawei Mate 10 Proのレビューを掲載します。



ハードウェア

Huaweiが自社のフラッグシップで、Mate 10 Proをかかげているように、デザインの豪華さは最高峰です。ガラスと金属のデザインは2017年では非常に標準的なものですが、このデバイスでは、デザインがよりよく見えます。わずかに丸みを帯びた後ろはガラスが金属のサイドレールに溶け込み、アクセントのストライプがすばらしく目立ちます。

Mate 10 Proは華やかですが、それだけではなく、素晴らしい手触り感です。その湾曲したガラスの後部は非常に滑りやすいですが、それは手に馴染みます。

しかし、ハードウェアになると、Mate 10 Proは、少し不満を感じます。デザインは素晴らしく、素材はプレミアムですが、ハードウェアのスペックは少し足りません。

スピーカーグリルがなく、Huaweiのロゴがたくさん掲載されていますが、ワイヤレスチャージがないいなど、今の支流の仕様に比べると少し機能が足りません。

表示

ベゼルは薄いですが、OLEDは18:9の比率になっています。Huaweiはベゼルを完全に捨てたわけではありませんが、Mateよりも薄くなっています

今回、OLEDディスプレイを追加するのは初めてで、6インチディスプレイはわずか1080pであるにもかかわらずシャープで、色は鮮やかです。

18:9のアスペクト比は、デバイスの取り扱いにも優れており、大型ディスプレイをより管理しやすくします。一部のアプリはこの比率でうまく機能しませんが、Huaweiのソフトウェアには調整するオプションがあります。



ソフトウェア

Mate 10 ProはEMUI 8.0を搭載しています。 EMUIの最新バージョンは、表面上、何も変わりませんが、Android Oreoの機能をすべて提供しています。これには、改善された通知、picture-in-pictureが搭載され、Oreoをより良く使えるよう裏側の調整がされています。

Huaweiは仕様の面でMate 10 Proを一切使用していません。 6GBのRAM、128GBのストレージ、まったく新しいKirin 970プロセッサを搭載しています。昨年のKirin 960は驚異的なチップセットであり、何ヶ月もQualcommのベストチップセットとなっています。

パフォーマンスはしっかりしていて、サムスンやLGのものと同じくらい良いですが、Mate 9の登場ほど印象的ではありません。Mate 10 ProのEMUIは少し問題を抱えているようです。

Huaweiが重点をおいているKirin 970の機能は、AI機能です。 AIはスマートフォンで重要な機能になると予測され、HuaweiはAIに関連するタスクを処理できる専用のニューラルコプロセッサを970で準備しています。

そのため、Mate 10 ProにはいくつかのAI技術があります。この機能の1つは、Mate 10 ProがAIを使用し、撮影しているものを検出、そのシーンに最も適した設定に調整するカメラアプリにあります。それは信じられないほどスピーディに機能し、かつ大部分が正確に動きます。

プリインストールされたMicrosoft TranslatorアプリはAIを使用して画像内のテキストを他の携帯電話よりも速く他の言語に翻訳できます。

バッテリー寿命

過去2〜3年間のHuawei's Mateシリーズは、馬力だけでなくバッテリー寿命にも特徴があります。 Mate 10 Proは、内部に4,000 mAhのバッテリーを装備しています。

4時間の連続使用では、バッテリーを40%消耗するだけで、重い使用でもの終日は利用できそうです。平均的な使用では、1日の終わりでも60%も残っています。

カメラ

Huaweiのカメラは一般的な仕様ですが、かなり素晴らしい性能です。 Mate 10 Proも例外ではありません。 DxOMarkでは97点の評価を受けています。

このデュアルカメラ設定で撮影された画像は詳細が豊富ですが、色は圧倒的で、ダイナミックレンジは印象的です。

その他

Mate 10 ProにはヘッドフォンジャックやSDカードスロットは含まれていません

Huaweiの携帯電話は、他の多くのデバイスでは、みられない機能を搭載し、一般的に素晴らしいできですが、Mate 10 Proは、奇妙な仕様箇所もあります。ディスプレイは、ほとんどのフラッグシップ携帯よりも解像度が低いだけでなく、SDカードスロットとヘッドフォンジャックがありません。

個人的には、SDカードスロットやヘッドフォンジャックは必要ありませんが、このような機能を持たないこのデバイスを「Pro」と呼ぶのは、少し残念な点でもあります。

付属のケースはシンプル

Android OEMは、Mate 10 Proのボックスは、単純なTPUのケースであります。

このケースは、携帯電話を保護するという点で、あまり効果がありませんが、デザインを損なわず、グリップを追加できる点は素晴らしいです。

Huaweiのスピーカーは優れている

Huaweiが賞賛されるもう一つの点は、Mate 10 Proのスピーカーです。。デュアルフロントフェイスのスピーカーとは違いますが、他の携帯電話より、はるかに優れています。

まとめ

まとめとして、Huawei Mate 10 Proは本当に良い電話です。それはカメラ部門で少し魅力に欠けていて、その他の仕様で小さな問題を抱えていますが、総評としては、素晴らしいスマホです。