Boston DynamicsのSpotMiniロボットは今や恐ろしいほど進化!

0
92

ボストン・ダイナミクスのアップデートされた、SpotMiniの犬のようなロボットが、びっくりするほど進化を遂げています。



SpotMiniロボットの動画が公開

下のビデオでは、SpotMiniが、閉鎖されたドアを見つめています。開く方法がないと、この4脚ロボットは、機械式アームを伸ばし、ドアのハンドルを回して開き、通過していきます。印象的なのは、ドアを認識てして開けたことよりも、SpotMiniの信じられないほど自然で、動物のようなしなやかな動きです。

ボストン・ダイナミクスは2月12日にYouTubeにこのビデオを掲載しましたが、説明的な注釈も追加していないので、詳細は不明です。

SpotMiniの機械式アームを見たのはこれが初めてのことではありません。 2016年6月にSoftBank所有会社が発表したオリジナルのデザインは、非常に印象的で、今日のSpotMiniに似た腕を特徴としていました。

2016年の最初のSpotMiniビデオでは、食器洗い機を作動させたり、ゴミ箱のゴミを捨てたりと、家の周りでさまざまな雑用をしているロボットが紹介されていました。また、バナナの皮で転倒したが、自然な動きで立ち上がるロボットも登場していました。

最新のSpotMiniデザインでは、本体の前面と側面にセンサーを組み込んでおり、環境を理解できるようになっています。ボストン・ダイナミクスのSpotMiniについては、これまでほとんど知られていませんでした。

ボストン・ダイナミクスは、それぞれ独自のスキルを備えた一連のロボットを開発し続けています。